凶方位へ行く場合の対処法

凶方位へ出かけるときの対処法

凶方位へ出かけるときの対処法は主に以下の通りです。

  • 肌をできるだけさらさない、特に胸元を隠す
  • 中指に指輪をはめて出かける
  • 温泉に入らない、入る場合は必ず最後に水道水で体を流す
  • 吉方位の水(ミネラルウォーターなど)を持参する
  • その方位が吉方位となる人と出かける
  • 凶方位に出かけることを必要以上に怖がらない

肌を出したり、温泉に入ったりと、
土地の気を吸収できるとされる行為はNGです。

 

中指に指輪をすると気の吸収が遮断されると言われています。
(魔よけ効果)

 

吉方位の水を凶方位である現地で飲んだり、
その方位が吉方位である人と出かければ、
幾分凶意は軽減できるようです。

 

また、凶方位に出かけることを必要以上にびくびくすると、
かえって凶意を受けやすいことがあるそうです。

吉方位に出かけ直す

凶方位から帰ってきたら、なるべく早く吉方位に出かけ直し、
温泉につかりましょう。

 

中指にリングをはめると気の吸収をカットするので、
当然中指には指輪をしません。

 

中指の指輪は良い気も悪い気も遮断するのですね。

吉方位に出かけ直す

トップへ戻る