凶方位対策

凶方位へ出かけるときの対処法

凶方位へ出かけるときの対処法は主に以下の通りです。

  • 肌をできるだけさらさない、特に胸元を隠す
  • 中指に指輪をはめて出かける
  • 温泉に入らない、入る場合は必ず最後に水道水で体を流す
  • 吉方位の水(ミネラルウォーターなど)を持参する
  • その方位が吉方位となる人と出かける
  • 凶方位に出かけることを必要以上に怖がらない

肌を出したり、温泉に入ったりと、
土地の気を吸収できるとされる行為はNGです。

 

中指に指輪をすると気の吸収が遮断されると言われています。
(魔よけ効果)

 

吉方位の水を凶方位である現地で飲んだり、
その方位が吉方位である人と出かければ、
幾分凶意は軽減できるようです。

 

また、凶方位に出かけることを必要以上にびくびくすると、
かえって凶意を受けやすいことがあるそうです。

吉方位に出かけ直す

凶方位から帰ってきたら、なるべく早く吉方位に出かけ直し、
温泉につかりましょう。

 

中指にリングをはめると気の吸収をカットするので、
当然中指には指輪をしません。

 

中指の指輪は良い気も悪い気も遮断するのですね。

吉方位に出かけ直す

スポンサーリンク

凶方位へ行く場合の対処法関連エントリー

祐気取り・吉方位旅行とは
祐気取り・吉方位旅行・方位取りについての解説です。
祐気取りで運が良くなるの?
祐気取りの効果について
祐気取りの実践法
祐気取りの実践方法について
旅先での開運行動(初級編)
旅行先ですると運気アップに効果的な行動について
旅先での開運行動(上級編)
さらに旅行先でするとベストな開運行動について
旅に出る前にすること
祐気取りの効果を高めるために、お出かけ前にやっておくと良いことを解説します。
旅から帰った後にすること
祐気取りの効果を高めるために、お出かけ後にやっておくと良いことを解説します。
効果はいつ出るの?
祐気取りの効果がいつ出るのか?旅から帰ってすぐあらわれる訳ではないことが普通です。
一人旅がオススメ
星回りで吉方位が違うため、祐気取りは一人旅がオススメです。しかし皆で行く旅行は楽しいもの。そこで、みんなで旅するときの注意点を解説します。
旅行が出来ないときの開運法
忙しかったり金銭的な理由で旅行が出来ない場合の開運法です。